アーカイブ
カテゴリー

postheader 接客レベル

テレホンオペレーター

テレアポの電話代行によって企業はテレアポを育成する経費を削減出来るのと同時に、常に高いレベルの電話での接客が可能となります。
電話代行のサービスは多種多様な種類があり、多くのニーズに対応できるようになっています。
また最近の傾向としては全国のネットワーク、24時間対応、海外進出の3つが挙げられます。
全国ネットワークは全国にコールセンターを置き、それらをネットワーク化しています。
これにより不測の事態に対し備えています。

24時間対応は深夜や早朝でも好きな時間に問い合わせが可能となります。
海外進出についてはテレアポ海外、特に中国に在住している日本人をテレアポの電話代行として雇うことです。
これにより人件費の削減をすることが出来ます。

postheader ノウハウ

電話でサポートする女性

テレマーケティングにしてもテレアポにしても、スタッフの技量によってその結果の効率の高さは決まってくるものですが、電話代行を行っている会社のスタッフは、専門教育を受けているために、極めて高い効率性で結果を出すことができます。
これを自前で行うとすると、その教育には多くの手間とコストがかかってきます。
テレアポともなれば、そのノウハウを身につけるためには多くの経験を積む必要もあります。
しかも人数も多い方がより効果的です。

電話代行を依頼することによって、テレマーケティングやテレアポでの結果には期待が持てるというわけですが、もちろんそのためには事前に綿密な打ち合わせは必要となります。
どんなアプローチで行うのかは、企業それぞれ違うからです。
その上で電話代行サービスを利用することで、他の仕事に専念することができるのです。

postheader テレアポの利用法

電話をとる女性

テレアポや電話代行とも呼ばれるテレマーケティングは生の消費者や利用者とコンタクトをとることができる手段として非常に有益です。
テレマーケティングを行う際にはマニュアルを適切な形で作成したうえで電話代行を頼むことが重要です。
テレアポは多くの場合外注することになりますが、この時にやり取りに合わせたフローを作っておくことでなれない場合であっても失礼なくスムーズに進めていきやすくなるからです。
テレマーケティングの経験が多い業者ならばこうした観点も備えていますが、依頼をする際には電話代行として行っても誤解などが生じないように立ち会ったり合議のうえで手順を作成しておけるようにすると確実性が増します。
テレマーケティングはアンケートをとったり、営業をかける際のアポイントとして利用することが主な目的となります。

テレアポで即契約ということになるものではないことも多いですから、電話受付をするのか架電中心とするのかといったことで電話代行を使い分けすることがうまい利用方法ということです。
テレアポは数も大事ですが、相手からの印象にも大きな影響を与えるためノルマの設定だけにとらわれず、社のイメージを保てるような形で行えるように進めていくと多くの機会に恵まれるようにすることができます。
電話での話を取り付けたところでの営業との連携も重要なため、書類作成や実務などとのすり合わせも同時に行っていけるとより効率的になります。

カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031